『そろそろ、いこうか!2021 @ 名古屋COTAN』特別配信

 

 

 

2月13日に名古屋COTANにて行われたライブの配信です。

・バッキー編
・スパン子編
・照喜名俊典編
・アンコール編

 

と、4つに分けて動画配信サイトにアップしてあります。
以上4本、まとめて1,000円でご覧いただけるようにしました。
(パソコンでもスマホでもok!)
こちらから、購入可能です。

http://bit.ly/3dHk7Rf

 

 

どのソロもとてもよかったです。
バッキー のソロはともかくどこまでいくのか、この人は。一音目にしてあたりの色合いが変わり、様々な風、様々な香り、ずっと聴いていたいそんなソロです。
照喜名さんのソロは、ユーフォソロ、私、初体験でした。なんと可能性のある楽器なんでしょうかね!じっくり音が聴けて、改めてユーフォニウムという楽器と、照喜名さんという奏者の面白さをたっぷり味わいました!!

ソロもよかったですが、3人でやった曲もよかったです。私は管楽器の響きが好きで、何曲か管楽器の曲を書いてます。そこから2曲。また書こうかなって思いました!
そしてそして、エンジニアさんがライブ後に整えまくってとてもリッチな映像になりました!配信時のチャットも残っていて、そんなやりとりも楽しめます。映像見ずに音を流していても気持ち良いです。
よかったらご購入ください!オススメの逸品です!

2021年 お正月に贈り物 その3
お正月限定配信ライブ!

2020. 12.23に国分寺カフェスローで行われたライブ「そろそろ、いこうか!」

限定配信いたします。バッキーのアルトサックスソロは本当に素晴らしかったです。

スパン子のソロも勢いよく駆け抜けました。

とてもいいライブだったので、お正月にでも、のんびりと、是非観てみてください!

来年もよりいっそう頑張りたいと思います。

どうぞよろしくお願いします!

 

<期間限定配信 情報>

■日時
2021年1月1日(金祝)~1月11日(月祝)
ご購入後、期間中はいつでも視聴できます

 

■料金
1,000円

 

■視聴方法
次のpeatixページからお申込み後、限定公開URLが確認できます。
https://cafeslow20210101.peatix.com/view
カフェスローのYouTubeページでご覧いただけます。

 

■配信方法・視聴方法
配信方法:カフェスローのYouTubeチャンネルから限定公開。
視聴方法:peatix申込後、限定公開URLが確認できます。

 

■出演
スパン子/ vocal, piano
輿石bucky智弘/ alto saxophone

2021年 お正月に贈り物 その2
2nd album spannkosmo-piano natunatunaの手描きジャケット再び!!

 

natunatunaによる500枚の手描きジャケット。今も500人の人があのジャケットを持っているのだなあと思うと胸が熱くなります。500枚のspannkosmo-piano 動画になりました。是非、観てみてください!!

「誰かにとっての特別な1枚」を掲げてきた大事なCDでしたが、発売から5年経った今、spannkosmo-pianoの配信開始しました。更に多くの人に届いてほしいと願います。

ただやっぱりこのアルバムは「誰かにとっての特別な1枚」であり続けたく、natunatunaが手描きジャケットをorder製で受けることに決まりました!あの時とはまた違った仕上がりになりそうです。こちらは2021年春先を目処に開始していきます。また詳細は追ってお知らせしていきます。

 

spannkosmo × ARE YOU vol.1 birth ライブ全公開!

10/4 sun に行われた spannkosmo × ARE YOU vol.1 birth @あづみのコミューンチロル

ライブをyoutubeにて全編公開!

曲ごとになっていますが、再生リストになっているので続けてみることができます。

一枚のアルバムのようですよ。

好きな形で楽しんでいただければと思います!

 

ライブ開始!
spannkosmo × ARE YOU 3部作
vol.1『birth』

 

染色作家の園原ひろみとピアニストスパン子のコラボレイションです。
2010年に出会った二人。

帰りの電車でたった20分間話した中でお互いの熱いものにビビッと来て、急速に接近。以来、園原はスパン子のライブSPANNKOSMOでは舞台美術から衣装、メイクまで作りあげてきた。園原の染めにスパン子触発されできた曲も多数。お互いにお互いを引き出し合って多くを作り上げてきた。

そして、何よりも、スパン子を長野県大町市に呼んでライブさせたのは園原である。その当時2人は東京・埼玉に住んでいたが、この大町市でのライブをきっかけに、いずれは二人とも長野県に移住。スパン子は大町市に園原は木曽に在住。お互いの活動をしつつ、たまに会ってはやはり引き出し合う友であり、今回はこのコロナ渦の中、一緒に何かできないかということでやることに決めた3部作ライブの第一弾。タイトルは「birth」いつだって、どんな状況であっても新しく生まれることができるのだからという想いを込めて。園原は染めによるライブペインティング。その場の感覚で布に色を入れていきます。スパン子はピアノソロ。歌もちょっとだけ歌う。スパン子のピアノと、園原の染めとで、チロルの空間でどんなことができるか楽しみである。

詳細はscheduleページに!!

 

*20名予約限定で、座る間を充分に取り、来店時には検温などもしていただきます。休憩時間に換気なども行うなど対策しながら、ライブを楽しんでいただけたらと思います。今回は県内者のみきていただけることになっています。配信ライブは行いませんが、後日動画で様子はお知らせしようと思っています。でもやはり、生で体感することに勝るものはなく、その大切さを噛み締めて、演奏したいなと思います。まだ予約できますので、是非いらしてください。

第二弾は2月20日に松川村のすずの音ホールでやります。また詳細決まり次第連絡します。